知訶島 伊耶那岐の大神
衝き立つ船戸の神
道の長乳歯の神
時量師の神
煩累の大人の神
道俣の神
飽昨の大人の神
奥疎の神
奥津那芸佐毘古の神
奥津甲斐弁羅の神
辺疎の神
辺津那芸佐毘古の神
辺津甲斐弁羅の神
これよりは言霊学奥義である禊祓の区分となります

知とは知識の事、訶とは叱り、たしなめるの意です

外国の文化の知識をこの段階で言葉の意味がよく分るように内容を整理し、次の人類文明へ吸収する為の準備作業となる段階の働きの区分