天照大御神の岩戸が第三文明の扉と共にいよいよ開かれる
「古事記と言霊」講座




中国の物語「孫悟空」をご存知でしょう。悟空が金斗雲に乗ってどんなに遠くに飛んで行っても、阿弥陀様の掌(たなごころ)の上から抜け出すことは出来ませんでした。弥陀の掌(田の名の心)とは五十音言霊音図のことであります。
現代の人類という孫悟空は、どんなに乱暴で欲張りであろうとも、五十音言霊の法則から抜け出られることはありません。その法則を自覚した人が居る限り、大昔日本人の先祖である霊知り天皇が原理に基づいて計画した経綸に従って、世界の歴史は誤ることなく理想世界の建設に向かってその筋道を歩み続けて行くことが出来るのです。

▼号をクリック 

会報冊子としてご入用のかたは「言霊の会」まで(頒価一部¥500)

























昭和63年7月に第一号創刊。当初は「言霊研究」が表題でした。
 第一号の冒頭、創刊の言葉として―
世界は唯一の空間の拡がり
 The World is of only one stretch of space,

世界は唯一の歴史の流れ
 The World is of only one course of history,

世界は唯一の人類の集まり
 The World is of only one assemblage of men, and

世界は唯一の真理の動き
 The World is of only one movement of truth.

先師小笠原孝次氏の言葉を掲げ、今年六月で満15年間、一回の休刊もなく現在に至ることができました。
創刊16年目を迎えるに当たり「研究」より「実践」の目標に向かい、創造の第一歩を踏み出す事といたしました。

変換文字にない文字は文中ので表わしています。クリックすればどのような文字であるか別ファイルにしてあります。

講習会会場ご案内/毎月第三土曜日(予定)の13時より下記住所にて行われています。参加ご希望の方は「言霊の会」03-3531-6112まで予めお電話をお願いしております。参加費用は¥1,000です。
[場所]東京都中央区明石町14-2 tel.03-3546-9125 明石町区民館