「古事記と言霊」講座 その三- <第百六十二号>平成十三年十二月号
 古事記の神話と言霊との関係をお話する講座の一と二で前置となるお話を終えましたので、今回のお話から「古事記と言霊」の本筋に入ることといたします。先ず古事記神話の第一章「天地のはじめ」の全文を掲げます。御手許の古事記を御覧下さい。

 天地の初発(はじめ)の時、高天(たかま)の原(はら)に成りませる神の名(みな)は、天の御中主(みなかぬし)の神。次に高御産巣日(たかみむすび)の神。次に神産巣日(かみむすび)の神。この三柱の神は、みな独神(ひとりがみ)に成りまして、身(み)を隠したまひき。 
 次に国稚
(わか)く、浮かべる脂(あぶら)の如くして水母(くらげ)なす漂(ただよ)へる時に、葦牙(あしかび)のごと萌(も)え騰(あが)る物に因りて成りませる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅(うましあしかびひこぢ)の神。次に天の常立(とこたち)の神。この二柱の神もみな独神に成りまして、身を隠したまひき。 
 次に成りませる神の名は、国の常立
(とこたち)の神。次に豊雲野(とよくも)の神。この二柱の神も、独神に成りまして、身を隠したまひき。
 次に成りませる神の名は、宇比地邇
(うひぢに)の神。次に妹須比智邇(いもすひぢに)の神。次に角杙(つのぐひ)の神。次に妹活杙(いくぐひ)の神。次に意富斗能地(おほとのぢ)の神。次に妹大斗乃弁(おほとのべ)の神。次に於母陀流(おもだる)の神。次に妹阿夜訶志古泥(あやかしこね)の神。
 次に伊耶那岐
(いざなぎ)の神。次に妹伊耶那美(み)
の神

 古事記の第一章ともいうべき「天地のはじめ」の章は以上であります。この章の文章を書くに当って、古事記の紹介の書によってそれぞれ文章を何処で区切るか、が違っています。この講座では古事記の他の本の節の区切りの箇所に捉われず、五つの節に分けました。どうしてそのように区切ったかは、お話が進むにつれてお分かり頂ける事と思います。

 さてこれより古事記神話の初めから、文章の一つ一つの意味、内容について説明をさせて頂く事となるのですが、前三回の講座によって大方の事は余す事なく説明し尽くされております。その点については当会発行の新刊「古事記と言霊」をお読み下されば御理解頂ける事と思いますが、古事記(日本書紀)の神話がこの世の中で唯一つの言霊学の教科書でありますので、他に参考となる本がありません。その為、御理解出来難いと思われる所を繰返し重点的にお話して参りたいと思います。それを一つ一つ取上げながら説明して参ります。

 <天地の初発の時>
 普通「天地(あめつち)」と言えば、常識的に誰もが「天と地」または宇宙天体とか、太陽系宇宙とかを指すものと思います。古事記の神話の冒頭の文章である「天地」も当然そのようなものの事と思うことでしょう。現在の古事記研究の国文学者もその様に解釈して少しも疑いません。その証拠は古事記の本の頁毎に見える字句の訳注に明らかに読みとれます。古事記の編纂者である太安万侶も神話を書き始めて、その初めに「天地の初発の時」と書いた時の第一の願望は「天地」をその様にとって貰う事であったであろうと推察されます。「そんな当り前の事を何故言うんだ」と思われる方が多い事でしょう。けれどそれから後に奇想天外な、誰もが夢にも思わない事が秘められているのです。それは何か。古事記編纂後千年乃至二千年(兎も角、一千年単位で数える長い年月)の将来、神倭朝十代崇神天皇によって世の表面から隠されてしまった言霊布斗麻邇の原理の存在に日本人が気付く時、古事記の神話の初めの言葉「天地の初発の時」が、その常識と誰でも考える「天と地」または「この太陽系宇宙」、即ち今日の天文学や宇宙物理学等で謂う外界の宇宙空間の事ではなく、それら外界の宇宙空間を見ている私達人間の内なる心の広がり(宇宙)の事なのだ、という事に気付いて欲しいという奥なる願望が秘められているのです。

 古事記神話の冒頭の言葉「天地の初発の時」の天地とは、今お話ししました如く、宇宙物理学や天文学が研究の対象として取扱う人間が外に見る宇宙空間のことではなく、その宇宙や世の中の何かを見たり聞いたりする人自身の内なる心の広がり、即ち精神宇宙のことを言っているのであります。古事記が編纂されてから現在まで約千三百年という長い年月、言われてみれば「なーんだ」と思う程簡単な事に人々は気付かなかったのです。そして今から約百年前、明治天皇御夫妻によって古事記神話が日本伝統の言霊布斗麻邇の教科書、それもとんでもない謎々を以って書かれた教科書なのだ、と気付かれるまで誰もが夢にも思う事がなかったのです。講座の前置の所でお話しましたように、当時の天皇の命によって太安万侶の編纂した「神様のおとぎ話」としか思えない書物が、実は将来を千年単位で見つめる、謎の中に真実を埋め込んだ言霊学の教科書であった、という事実が、如何に日本人の祖先の民族と人類の将来を見つめる眼が悠大で正確なものであったか、を知らせてくれるのであります。

 明治時代に発布され、先の大戦終了まで日本国の教育の根本として崇敬されて来た「教育勅語」なるものがあります。大戦後は主権在民の立場から「命令された道徳など……」と日本人全体から見向きもされずに今日に到りました。かくいう私も略々同様の気持で昔を偲ぶよすがとしてしか思い出す事がありませんでした。しかし、言霊学の素晴らしい真理に出会い、その学問の教科書が、千三百年前という大昔に、天皇の勅命によって太安万侶が撰上した古事記の神話唯一つなのだという事を聞いた時、私は直ぐに教育勅語の冒頭の文章を思い出したものであります。

 言霊原理隠没の二千年の暗黒時代に、最初にその原理の存在を知り、復活の仕事を始められたのは明治天皇とその奥様、昭憲皇太后であります。この事について先師、小笠原氏が遺した記事がありますので紹介しましょう。先師の主催する「第三文明会」の第百回を記念して、言霊布斗麻邇復活に関係・尽力した物故者の慰霊祭が東京銀座のレストラン八眞茂登で行われました。昭和四十八年四月二十八日の事であります。その慰霊祭で述べられた文章の一部であります。――

 「朕惟(おも)うに我が皇祖皇宗国を肇(はじ)むること高遠に、徳を樹(た)つること深厚なり。……」
 千年を越える昔、古事記編纂に関係した人々は、日本の子々孫々の行末を思い、更に人類の将来を展望し、遠大な計画の下に古事記の神話を後世に遺しました。その壮大なる文明創造の宏謀、将来の民族・人類に対する慈愛が身に沁みて感じられたものであります。

 「天地」が人の心の内なる広大な宇宙、そこに人間の数限りない大小の出来事が去来する心の広がりであることに気付きました。ではその「初発の時」とはどんな時なのでしょうか。外界に見える宇宙の広がりの「初め」といえば、何百億年か、もっと前の宇宙の巨大なエネルギー変動によって種々の天体が形成され始めた時という事になりましょう。けれど人の心の宇宙の初発とはそんな昔の事を言っているのではないでしょう。人間の内面に何かの現象が始まろうとする時、という事です。それは主体的な心に何かが始まろうとする時、そうです。それは「今」です。時を客観的に見て、新しい二十一世紀が始まった時は、と言えば、それは西暦二〇〇一年一月一日午前零時です。しかし心の出来事を内に見て、その心の「初まり」と言えば、それは常に「今」であります。厳密に言えば、人は常に今、今、今に生きています。今・此処が常に「天地」の初めであり、場所です。この今を永遠の今と言います。そしてその場所が宇宙の中心です(この事は後程詳しくお話ししたいと思います)。今・此処を古神道は中今と呼びます(続日本紀)。

(以下次号)

 太初に言あり(言霊学随想)

 新約聖書ヨハネ伝は信仰の書というよりはむしろ哲学書というべき文章で始まっている。
 「太初(はじめ)に言(ことば)あり、言は神と偕(とも)にあり、言は神なりき。この言は太初に神とともに在り、萬(よろづ)の物これに由りて成り、成りたる物に一つとして之によらで成りたるはなし。之に生命(いのち)あり、この生命は人の光(ひかり)なりき。光は暗黒(くらき)に照る、而して暗黒は之を悟らざりき。」

 英語の聖書では、この太初に言あり、の言にthe Wordと大文字を使っている。またロゴス(Logos)なるギリシャ語を用いている書もあると聞く。日常一般の言葉と区別するためであろう。古代、この「言」をマナ(manna)と呼んだ。旧約聖書に「マナとは神の口より出ずる言葉なり」と書かれている。このマナの事を仏教で摩尼と呼び、ヒンズー教でマヌといい、「マヌの法典」なる古文書が遺されている。日本語では麻邇(まに)といい、その法則を布斗麻邇(ふとまに)と呼んでいる。マナは古代に於いては世界語であった。

 では「太初に言あり、言は神と偕にあり、言は神なりき」と聖書にある言(ことば)とは如何なる言葉なのであろうか。その内容について聖書は勿論、仏教もヒンズー教も全く触れていない。外国に起源を発する宗教によってはその神即言の内容を知ることは不可能なのである。では全く不可能なのか、と言うとそうではない。日本民族伝統の古神道言霊学が明快にその内容を百パーセント解明してくれる。

 言霊布斗麻邇の学は人間の心の究極の要素が五十個である事を解明した。この心の要素五十個のそれぞれを、私達が現在使っているアイウエオ五十音の清音の単音一つ一つと結んでこれを言霊と呼んだ。それは心の最小単位であると同時に言葉の最小単位でもあるもの、即ち言霊である。それはまた心と事の単位が一体となった実相の最小の単位でもある。日本語はこの物事の実相の最小単位である言霊を組合わす事によって事物の実相を表現した。それ故、古代日本語(ヤマトコトバ)は事物の実相そのままを表現して誤ることがなく、その他の説明・解説を必要としない。「神惟(かむなが)ら言挙げせぬ国」と謂われる。

 さて「太初に言あり、言は神と偕にあり、言は神なりき」の神とは何か。辞書を引くと「人間の宗教心の対象となる、超人間的な威力を持つもの」と簡単に説明している。「人間の宗教心の対象となる」からには人間生命活動のすべて、人事百般がそれによって創造・規制され、しかも「超人間的な」ものとして人間の五官感覚意識では捕捉出来ない威力を持つもの、というわけである。以上の条件を十二分に満たし、信仰に依らずにその存在を確かめ、自覚可能なものはあるであろうか。世界に唯一つある。言霊十七個によって構成される人間精神の先天構造を示す言霊学の天津磐境と、その活動によって現出して来る人間精神の後天構造、アイエオウ五十音言霊によって構成された人間精神の全貌を表わす天津神籬(ひもろぎ)である。この人間精神の先天と後天の原理・法則を古神道言霊学は単に布斗麻邇と呼ぶ。哲学的に謂えば人の心のアルファーであり、オメガーである。天津磐境は人間の内観によってのみ直観される、人事百般創造の根源となる心の先天構造であり、天津神籬は磐境によって産み出された心の後天現象である人事百般の原理・法則である。この磐境と神籬とが人間の英智によって認識された宗教心の対象となる神の実体であり、現実相に他ならない。

 此処で話を転じることにしよう。常に言う事であるが、物事の実相は一つである。それが如何に複雑極まる状態にあるように見えても実相は一つしかない。この巖然たる事実を前提として考えてみよう。或る事件について十人の識者に状況をどう見るか、尋ねて見る。すると十人十色それぞれ違った答えが返って来るに違いない。一つの出来事について人の頭数だけの答えが返って来る。何故か。人それぞれ物事を観察して判断する基準がまちまちだからである。判断の基準を形成する人それぞれの経験知識が相違するからである。

 人はこの世に生れ、長じる過程でいろいろな経験を積み、それに基づく知識を身につける。生れや人生経験によって境遇も異なるから、それぞれの経験知識が相違する。その為、一つの出来事についての見方も異なり、状況判断も異なり、対処方法の意見もまちまちとなる。これはやむを得ない事であり、その為の物事処理の決定手段としての民主主義が尊重される、という事に落ち着く。この様に見て来ると何の疑問も起って来ないようにも思える。しかし、しかしである。此処で「物事の実相(真実の姿)は唯一つである」という初めに帰ってみよう。すると何の疑問も起らぬ事が不思議に思えて来るではないか。唯一つの事を人々はそれぞれABCDEF……際限なく多様に見ていることになる。こんな変な、不合理な事はないと思わない人は、何処かで、誰かに、何かに騙(だま)されて いるのではないか。佛典法華経に次のように説かれている。「佛の言葉は異なることなし」「佛と佛とのみいまして諸法の実相を究尽す」と。

 以上の真実は一つ、それを見る目は十人十色の現実を日と月に譬えて説明してみよう。人にとってどんなに複雑に見える状況も、実は唯一つの真実である。複雑に見えるのは、人がそれを観察するのにいくつもの概念、即ち幾多の経験知を総動員して尚不足と思うからであるに過ぎない。真実は一つしかない事に変わりはない。その一つしかない真実を太陽に譬えよう。太古、人は太陽を直視して真実を直ちに見極めることが出来た。しかし或る時から、正確に言うと日本では二千年前、言霊の原理が隠没して以来、聖書で謂えばアダムとイヴが蛇に唆されて禁断の実を食べて以来、人は太陽を直接見る事を止めてしまった。そして真実を見る上で月という鏡を設定し、この月という鏡に映る太陽の姿が真実に一番近いと思い込み、 疑わなくなった(図を参照)。月の光が太陽の光の月面による反射光なのだ、という事すら忘れてしまった。人は眼前の出来事が重要であればある程、自らの経験知を総動員し、物事を月面の凸凹で反射させ、煩雑に、更に薄暗くして自らの判断を狂わせて行った。その結果、物事の処理には論争が付きものとなり、貧困、戦乱、狂気は世の常となった。人が真実を見なくなった結果である。

 物事の観察を煩雑にした理由はもう一つある。そもそも人間生命とは心でもなく、体でもない。心であり、同時に体でもあるもの、である。心と身体が別々にあるのではない。心身一体が生命である。この事を古事記神話は次の様に説いている。「天地初発の時、高天原に成りませる神の名は天の御中主の神(言霊ウ)。次に高御産巣日の神(言霊ア)。次に神産巣日の神(言霊ワ)。」人が何かをしようとする時、心の宇宙に何か分からぬが一点の光が点る。言霊ウである。昔の人は言葉の事を神鳴り(雷鳴)と呼んだ。ゴロゴロと鳴る言葉の元はピカッと光る雷光である。言霊ウとはその雷光の初光だという事が出来る。この何か分からぬ初光に人の思惟が加わると、その瞬間、言霊ウの宇宙は剖判して言霊アとワの宇宙に分かれる。宇宙剖判である。主体と客体、私と貴方、初めと終わり、心と体、積極と消極、能動と受動……である。この消息を老子は「一、二を生じ…」という。二は元々一であったものである。これを忘れて物事を分かれた二を出発点として考える時、生命の実相、物事の真実は既に失われてしまう。人間の生命活動を片や、心、霊……等で見る時、または体、物、状況……等で観察する時、双方共真実から離れた相を見ることとなる。真実を見る為には、見たものを出発点、原点とした上で、憶測を逞うしなければならなくなった。真実に到達不可能が常となる。元来一つのものを、見る者と見られる者、心と体、霊と体に分けて、そこから観察を始めてしまった結果である。既に起ってしまった状況をのみ観察し、そこからその事態を起こした人の心を憶測しても、真実を再現することは難しい。また起った状況の裏を霊視して物事を論(あげつら)っても、「当るも八卦、当らぬも八卦」である。太古に於いては、霊能者の神懸りの傍には必ず真実を見分ける眼を持った沙庭者がいた事を忘れてはならないであろう。

 以上述べたように人々は、日本に於いては二千年前、外国に於いてはそれより更に前から、物事の真実相を見る事を忘れて来た。それよりもっと悪い事には、人々は自分達が真実の姿を見ていないのだという事に気付いていなかったのである。時はめぐり、人類の第二物質科学文明時代は終わろうとしている。科学文明創造のための方便として創出された生存競争社会はその終局を迎え、自己崩壊寸前の状況を呈している。この劫末の世を迎え、人々は自分たちが直面している世界の危機という真実相を直視すべき時である。自分達が騙され続けて来た事に気付き、目を醒まさねばならぬ時となったのだ。

 ではどうしたら物事の真実相を何らの媒介もなしで見ることが出来るか。更にその見ることが出来た真実相を「太初に言あり、言は神と偕にあり、言は神なりき」の言葉で人に伝えることが出来るか。この問題を言霊学による人間精神の進化の事で説明しよう。

 蝶はその一生の中で三態の変化を遂げる。幼虫、蛹(さなぎ)、成虫(蝶)である。これを変態(metamorphosis)という。人間には一生の中で姿態の変化はない。けれど魂は五態の変化を遂げる。但しその変化は自然に変化するわけではない。魂の変態に対する意志と努力が必要である。魂の進化・変態は次の様である。

 人の心は五つの次元の宇宙に住む。その次元は進化の順に母音を当てるとウオアエイの五段階である。人はこの世に生を享けると先ず母親の乳を吸う。美味しいものが食べたい、美しい服が着たい、金持ちになりたい、名誉が欲しい……等、五官感覚に基づく欲望の次元であり、この次元の人間性能は言霊ウの宇宙から発現する。またこの性能が社会的に産業・経済活動となる。人の性能とはこの言霊ウだけだと思って一生を終る人も多い。進化の次の段階は言霊オの宇宙から発現する学問・知識を求める性能である。言霊ウの世界で経験した事柄の間の関連法則を求めることで、近代科学はその所産である。

 進化の第三段階は言霊アの次元、これより発現する人間性能は感情であり、この感情性能の昇華は宗教・芸術活動となって現れる。そしてこの次元の活動・努力の究極に於いて、人間の上述の三性能が発現して来る根元の宇宙の存在を知る。自らの生命の本体が宇宙そのものだ、と知る。人は今までの経験知の眼で物を見るのでなく、宇宙そのものの眼で見ることが出来る。この眼で見ることにより物事はその実相を現わす。人は月の媒介を通すことなく、直接に太陽の真実相を真正面に見ることが出来るようになる。人は神の存在を知り、美の根源に出合う。仏教はこの次元の悟りを初地の仏と呼ぶ。

 第四の進化段階は言霊エであり、これより発現する人間性能は、選択知、学問的には英智と呼ばれるものである。今まで出て来た第一、第二、第三段階の人間性能を、物事を処理する上でどの様に塩梅(あんばい)したらよいか、を選択する智恵である。この性能は第二番目の経験知が知識と呼ばれるのに対し、智恵といって区別される。この次元から社会的には政治・道徳の分野の性能が現れて来る。

 人間の魂の進化についてのこれまで四段階の説明は、厳密には言霊学に拠らずとも言及し得る所であるが、これより始まる精神分野は文字通り言霊学のみが解明し得る独特の心の領域である。この随筆のテーマ「太初に言あり」の言(ことば)は言霊学による解明によって初めて人間の自覚に達し得る言葉なのである。説明を進めよう。

 人間精神進化の第五段階、最終段階は言霊イの次元である。この次元からは人間の意志、正確に言うと生命創造意志というべき性能が発現する。言霊ウオアエの四次元性能が社会の中でそれぞれの活動分野を持っているのに対して、この言霊イの性能は直接には世の中の現象として現れることはない。現れる事はないが、縁の下の力持ちの如く、人間の心の働きの奥にあって、ウオアエの性能を発現させる原動力となる。言霊イはその実際の働きである八つの父韻としてウオアエの四次元宇宙に働きかけ、人間精神の一切の活動現象の究極の要素である三十二個の子音を産む。言霊学により人間精神の全体を示す五十音言霊図に於いて、言霊イは縦に五つの母音の締めくくりの存在として他の四母音を統轄し、横に八つの父韻の働きを発現させ、他の四母音に働きかけて三十二個の現象子音を生ぜしめる。母音、半母音、父韻の先天構造の言霊十七個、その先天構造の活動によって生じる後天現象の要素三十二個、計四十九個の言霊(他にそれ等言霊音の神代文字化として一個)を、一個または数個結合させることによって言葉即実相、文字即涅槃(ねはん)と謂われる実相ズバリの言葉が形成される。言霊イとは母音宇宙の総師であり、また八つの父韻の原動力であり、同時に人間生命活動に関して一切の物事にその名を附与する宇宙全体の創造主神なのである。言霊五十音はこの言霊イの次元に存在し、イの次元にはこの五十音言霊以外の存在はない。そしてこれ等五十音言霊とその法則によって創造された唯一の言語、それが古代日本語、大和言葉である。新約聖書ヨハネ伝の冒頭を飾る「太初に言あり」の言とは五十音言霊の事であり、その五十音によって組立てられた日本語こそが世界唯一の「物事の実相を何の説明も要せずそのまま人に伝えることが出来る言葉」なのである。

 以上述べた最終段階言霊イの次元の意義・内容を踏まえて第四段階のエ次元の説明を加えよう。先に言霊学によらない言霊エの選択英智を、言霊ウオアの人間性能を事件処理に当ってどう塩梅するかの智恵と説明した。その際、塩梅する智恵は人それぞれに賦与された智恵であり、その智恵の一般共通の法則については言及しなかった。その理由は世の中にその普遍的法則を論じる教えや学問が極めて稀(まれ)であり、あったとしても(易経の如く)その法則なるものは曖昧なものであった。しかし言霊学に於いては極めて厳格に表示される。人の世の中に於ける四次元のウオアエの性能現象は、その母音に働きかけて現象を生む原動力となる八つの父韻の順序によって区別され決定される。それぞれの次元に対する働きかけの八父韻の順序に誤りがあれば、その次元の行為は成立しない。この法則は物質科学の法則と同様の正確さを持つ。言霊母音ウオアエに働く八つの父韻の順序を列挙して置こう。言霊エの選択性能とは、実は母音に対して八父韻のどの配列を働きかけさせるか、を選択する性能のことなのである。
 言霊ウの次元……キシチニヒミイリ
 言霊オの次元……キチミヒシニイリ
 言霊アの次元……チキリヒシニイミ
 言霊エの次元……チキミヒリニイシ

 以上新約聖書ヨハネ伝の冒頭に記された「太初に言あり」の言の実体を言霊学によって説明して来た。人間の生命活動の一切は人間精神の進化の最終段階にある生命創造意志の法則であるアイエオウ五十音言霊布斗麻邇の原理によって創生され、命名され、総合されて、人類社会が形成され、人類永遠の歴史創造へと繋がって行く。人間社会の良きものも悪しきものも、美しきも穢れたるも、合理も不合理も、強きも弱きも、すべてが「神と偕なる言」即ち言霊布斗麻邇の光の下に昇華されて、人類の栄光の歴史の中に生かされて行く。

 「萬(よろづ)の物これによりて成り、成りたる物に一つとして之によらで成りたるはなし。之に生命(いのち)あり、この生命は人の光なりき」のヨハネの言葉は日本に復活した言霊布斗麻邇の学によって証明・成就される。

(終り)